GW勝手にムシ日記 最終日「蝶」(K)

ウサギよりゴキブリが好き

どうも、たかみーです

GWもとうとう終わってしまいます。。

最終日は可愛くチョウを追っかけてみます

今回も淀川河川敷にて。

オレンジ色の綺麗な蝶がヒラヒラと舞って、地面に降り立ちました

どこへ行くのか。

少し観察してみます

おやおや、綺麗なチョウさん

それはうんちでは無いでしょうか

綺麗なチョウがなぜうんちにたかるのですか。。。

そして、ハエに「邪魔っ」と攻撃されるチョウ

うんこの上にハエはつきもの

うんこあってこそのハエ

ハエあってこそのうんこです(混乱)

羽を広げると時折うつくしい紫色の構造色をチラつかせます

このチョウの名は「コムラサキ」

こんな綺麗なチョウがうんこにたかるのならば、体もそれに近しい色をしていた方が有利のはず

ならば、なぜ、うんこにコムラサキはたかるのでしょうか?

あー、完全に吸ってますね。美味しそうに。

これ、うんこを食べてるのではなく体液でうんこを溶かしてアンモニアと塩分を摂取しているのです

不思議なことにアンモニアを摂取した雄のチョウは精子量が増加して受精率があがり繁殖に有利に働きます

あまり意識したことはないですがいろんなチョウがうんこを食べにやってくるそうですね

なのでうんこに集まるチョウはオスが多いのです

不思議なうんことチョウの関係

身近に潜む驚きと感動に今日も心躍ります。

ありがとう、虫。